校内組織・各種委員会

いじめ・体罰セクハラ相談

学校からのお願い


公的機関による相談窓口
24時間子供SOSダイヤル 0120-0-78310
(24時間いつでも)
いじめダイヤル24 082-420-1313
(月~金・午前9時~午後7時)
心のふれあいそうだん室 082-428-7110
(月~金・午前9時~午後4時)
こころの相談室 084-925-3040
(火・水・午前10時~午後5時)

体罰セクハラ相談

 本校では,生徒が安心して安全に過ごせる学校づくりに取り組んでおり,次のとおり,校内に「体罰,セクシュアル・ハラスメント等相談窓口」を設置して,生徒の相談に対応しています。体罰,セクシュアル・ハラスメントだけでなく学校生活上のあらゆる悩み事の相談に応じます。
 また,県教育委員会事務局,県立教育センターにも相談窓口が設置されており,生徒や保護者の皆様が気軽に相談できる体制が整っています。
 皆様からいただきました情報につきましては,プライバシーの保護はもちろんのこと,慎重に対応させていただきますので,遠慮なく御相談ください。

 

三次中学校・高等学校における「体罰,セクハラ等相談窓口」
県教育委員会事務局教職員課における「体罰,セクシュアル・ハラスメント相談窓口」
県教育委員会事務局『体罰,セクシュアル・ハラスメント相談窓口』
専用電話(082)513-4917
    (082)513-4918
    (082)513-4919
受付日時 月曜日から金曜日まで(祝日及び12月29日から翌年の1月3日までの日を除く。)の午前8時30分から午後5時15分まで
県立教育センターにおける「体罰・セクハラ等相談ダイヤル」
県立教育センター『体罰・セクハラ等相談ダイヤル』
専用電話(082)427-3076
受付日時 月曜日から金曜日まで(祝日及び12月29日から翌年の1月3日までの日を除く。)の午前9時から午後4時まで
※ 女性の担当者に相談したい場合は,その旨申し出てください。プライバシーの保護及び秘密の保持は徹底されます。

いじめ防止

学校いじめ防止に係る基本方針

1 学校の基本(学校経営の方針(概要)より)

いじめ防止・生命尊重

(1)いじめは命をも奪いかねない卑劣極まる許しがたい行為である。いじめの態様によっては,刑法犯罪となるものもあり,そのような場合,学校は,躊躇わずに警察と連携する。

(2)命は,何物にも代えがたい尊いものである。自他ともに生命の尊厳を意識し,行動する。

(3)いじめ等周囲の者がつらい状況にある場合は,周りの責任ある大人に相談させる。また,自分がつらい場合も,1人で抱え込まず,周りの責任ある大人に相談させる。解決策は,必ずあることを理解させる。

2 基本的考え方

(1)いじめは人間として絶対に許されない行為です。

(2)いじめとは,一定の人間関係のある者から,心理的・物理的な攻撃を受けたことにより,精神的な苦痛を感じているものです。

(3)いじめは,児童生徒の心身に深刻な影響を及ぼし,生命も奪いかねない人権に関わる重大な問題です。

3 県立三次中学校・高等学校として

(1)いじめは絶対に許さない。

(2)いじめられている生徒については,学校が徹底して守りきる。

(3)生徒一人一人をかけがえのない存在として指導する。

(4)教職員の気付かないところで陰湿ないじめが続いていることも少なくないことを認識し,解決したと即断することなく継続した指導を行う。

 本校では,いじめは絶対に許されないという認識に立ち,安全安心な学校づくりを行っています。「いじめ」はいきなり起こるというより,「からかい」「いじる」「ふざけあい」などの行動から「いじめ」に発展していく事例が多くあります。
 本校では,一校一和の精神のもと,「からかい」「いじる」「ふざけあう」などの行為も絶対に許さない学校づくりを行っていきます。