学校概要

INDEX

校長あいさつ

 広島県立三次中学・高等学校のホームページを御閲覧いただきまして,誠にありがとうございます。

 さて,本校は,明治31年(1898年)に広島県北部の最高学府として設立され,120有余年を経た歴史と伝統のある学校です。緑豊かな中国山地に守られ,江の川の本流である可愛川にその支流の馬洗川,西城川,神野瀬川を集める美しく恵まれたこの地には,「巴峡」の名の通り優れた人材が集まり切磋琢磨しながら育っていく環境を有しています。本校は,広島県第三尋常中学校に端を発する旧制中学校と双三郡技芸女学校に端を発する高等女学校の流れを汲む伝統校です。
 このようなことから,本校の使命は,自他ともに認める「県北の雄」としての歴史と伝統を繋ぎ,真に文武両道の精神溌剌たる校風を継承発展させ,成熟した未来社会を形成する人材を育てることにあります。
 そのため,意欲と使命感に溢れる本校教職員が「一校一和」の校訓のもと,スローガン「誇りある三次中高」,「逞しい三次中高」の実現のために生徒一人一人の才能を磨き,心を鍛え,誇り高く逞しい「三中生」,「三高生」を育成するとともに,県北を代表する進学校としての実績の向上を目指して参ります。
 また,昨年度から併設型中高一貫教育校として広島県立三次中学校が開校され,中学生と高校生がお互い良い影響を与えながら活動しています。県北地域の教育リーダー校としての使命を全うするために,更に充実した教育内容を創造・展開して参る所存です。  中高一貫教育校としての本校の教育目標及び育てたい生徒像は次のとおりです。

「知」・「徳」・「体」・「志」・「美」の調和のとれた人格を形成し,
 地域から信頼され敬愛される学校「知」
 知性,探究心,創造性に溢れ,主体的に学ぶ人物を育成する学校「徳」
 人間の多様性を尊重し,真理と正義を愛する徳性の高い人物を育成する学校「体」
 心身ともに健康にして,忍耐力のある,逞しい人物を育成する学校「志」
 地球規模の視野で,他者と協働して人類の発展に貢献しようとする高い志をもつ,挑戦心溢れる人物を育成する学校「美」
 伝統ある本校の生徒であることに誇りをもち,美しい言葉・姿勢を備えた,情操豊かな人物を育成する学校

 引き続き本校教育活動について御理解いただきますとともに,御支援・御協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

広島県立三次中学校・高等学校
校長 佐藤 隆吉

校訓・校章・校歌

校訓

 ~明るく 楽しく 正しく まじめに~

 

スローガン

 誇りある三次中高 逞しい三次中高

 

校章・シンボルマーク

図案の意味は,
《三弧・三巴》-可愛川,馬洗川,西城川の3つの川 「民主,平和,文化」を表す。
《三陵》-高谷山,比叡尾山,比熊山の3つの山 「智育・徳育・体育」を表す。
《鏡》-玲瓏透徹 「明るき直き誠の心」を表す。

 昭和24年に三次高校(前身三次中学校)と三次西高校(前身三次高女)が統合し,新しく三次高校が創立された。統合後暫くの間は男子生徒は「三角に高字」の帽章を,女子生徒は「鏡型に三巴」の校章(バッジ)をそのまま使用したが,4年後の昭和28年2月に男女の記章を重ね合わせたものが制定された。平成31年4月,三次中学校・高等学校の併設型一貫教育校の開校に伴い,現中学校の校章が制定された。

 校内公募によって決定された生徒図案。考案者:中川花菜さん(令和2年度卒・世羅西中出身)。以下,本人による説明文より抜粋。
 「県立三次中学校・高等学校」ということが、見る人に伝わりやすいよう、マーク全体で三次の頭文字である「M」をモチーフにして表現しました。3本の線は、三次中高の「三」や巴陵や巴峡を表していて、大きさを段階的に大きくすることで、中学校・高校・未来へと飛躍していくことを意味しています。大小の2つの円は、それぞれ、中学校と高校をあらわし、2つの円が重なり合うことで、校訓の「一校一和」のもと、中学生・高校生が協力し、一丸となって成長していけるようにという願いを込めました。三次中高が地域に根付き、多くの人に親しまれるようにという思いをこめて、このマークをデザインしました。

関連記事
広島県教育委員会HP「フォトニュース(H30.8.27掲載)

校歌

広島県立三次中学校 校歌

作詞 広島県立三次中学校第一期生
作曲 藤原 大希

 

一 山に包まれ きり深き
  巴の川の めぐみあり
  ふるき歴史を めぐるように
  夢と希望に 光差す
  我ら自然と
  ともにあり

二 滝の流れを 逆昇る
  鯉のごとく 空高く
  己の道を 切り開く
  清き心に 誇り持つ
  我ら人と
  ともにあり

三 仲間と集う 学び舎で
  はぐくむ心 逞しく
  高き理想を 志(こころざ)し
  世界を興す よろこびに
  我ら誇りと
  ともにあり

 


広島県立三次高等学校 校歌

作詞 井上 三喜夫  作曲 戸塚 烈

一 若きもの われらあかるく
  みどりなす 山を仰ぎて
  いざともに つとめ学ばむ
  霧はるる 日々あたらしく
  輝くは 高き理想ぞ
  栄あれや 三次高校

二 若きもの われらたのしく
  巴なす 流れをくみて
  いざここに いのちあわさむ
  みよし野の 花うるわしく
  匂えるは 清き心ぞ
  幸あれや 三次高校

三 若きもの われらのびゆく
  君知るや ふるき歴史を
  いざこぞり つぎてもゆかむ
  今にして 日本を興す
  よろこびは 深きえにしぞ
  讃えよや 三次高校


旧 広島県立三次中学校 校歌

作詞 三中第一期生徒  原曲 栗林 宇一

一 比叡尾の山の曙にく
  紅匂う花霞
  比熊の紅葉錦繍の
  裳によする霧の海
  万岳の翠たたえきて
  巴描くや三つの川
  はしき巴峡の片ほとり
  建てるは三次中学校

二 記せよ偲べよ我が校は
  明治三十一の春
  動かぬ基建てしより
  月日と共に栄えきて
  歳重ぬる ※百十八年
  栄誉の歴史末の世に
  伝え伝えてやまざらん
  奇しきや三次中学校

   ※創立年(明治31年)以降の年数が入ります

「三女」 広島県立三次高等女学校 校歌

作詞 風巻景二郎  作曲 高田 信一

一 足引の山麗しく
  巴なす流れも清き
  みよしのにそそる学舎に
  撫子の友垣むつぶ

二 むらぎもの心を磨き
  智の泉かたみに汲みてき
  朝夕に理想の光を
  仰ぎつつ伸びてぞ行かん


沿革史

学校経営計画と学校評価

学校評価(令和3年度)

過去

教育課程

中学校

令和4年度実施

高校

令和2年度全日制課程入学者

令和3年度全日制課程入学者

令和4年度全日制課程入学者

 

教務規程と生徒指導規程

校内組織・委員会 等

組織図

拡大図(画像)

いじめ体罰セクハラ相談


不祥事防止委員会

学校運営協議会

会議予定

  • 第2回学校運営協議会 
     日 時/8月2日(火)
     場 所/本校1号館1階 執務室

議事録

学校編成&在籍者数(R4.4.19時点)

学校編成

 
中学校
高校
課程 - 全日制
昼夜別 昼間 昼間
修学年限 3年 3年
1学年 2クラス
5クラス
2学年 2クラス
4クラス
3学年 2クラス
5クラス

在籍者数(学年別)

  中学校 高校
1学年
80 200
2学年
79 158
3学年
80 160

在籍者数(全体)

  中学校 高校
全体
239 518

方針 等

気象警報・避難情報や交通遮断への対応について

拡大表示(PDF)

いじめ防止基本方針

部活動に係る活動方針

CAN-DO型到達目標

PTA